日本の「花火」の歴史のはじまり - 花火の豆知識と日本の花火大会

花火&花火大会の豆知識
スポンサーリンク


日本の「花火」の歴史のはじまり

日本の花火の歴史

花火の元になる火薬は、天文12年(1543) 種子島に鉄砲伝来し、火薬も日本にもたらされました。

その後、鉄砲・火薬はまたたくまに日本に広がり製造されました。

そして、その後の花火については下記の記録等が残っています。

1560年 愛知県の三河地方で神社の祭礼に手筒花火を行った。

1585年 皆川山城守と佐竹氏が、今の栃木県で退陣したとき、慰みに花火を焼きたてた。

1589年 山形県米沢城において、唐人の打ち上げた花火をみた伊達政宗が行った。

1613年
花火上手の唐人が、駿府城の二の丸で上げた花火を徳川家康が見物し、それがきっかけで、将軍家、諸大名の間で花火が流行するようになる。

1700年代に入ると両国川(隅田川)の「花火大会」に発展していきます。

日本最古の花火大会は、隅田川花火大会(両国の川開き)です。
※隅田川花火大会の歴史

ryougoku.jpg

スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





東京ディズニーリゾート
Copyright © 花火の豆知識と日本の花火大会 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます